Dear Chara 制作日誌

<< 何となく描いた | main | 過去ギャラリーから転載 >>
本が発売します|2009.03.30 Monday

しほ姐さんのお母様が手記を出版します。

「愛することを教えてくれた娘」
ISBN-10: 4286067904
ISBN-13: 978-4286067902
(文芸社/¥1,400-)

発売予定日4/15

amazonではもう取り扱ってたりします。

内容は、家族のこれまでの歩みと、姐さんが闘病中に書いていた日記、
そしてその後の回想記が軸となっております。

正直楽しい本ではありません。
結末を知ってから読む、明るく前向きな姐さんの記述はあまりに辛いものです。
それでもお母様がこれを出版する事にした理由は、
子供という存在の素晴らしさを伝えるためです。

お母様がどれだけ娘からたくさんの事を教わったか、
どれだけ想い合った家族がそこにあったか、
この本にはそれが記されています。

子殺し親殺しが横行するこの時代だからこそ、
願わくば、出来るだけたくさんの人がこれを読んで、
子供という存在の大切さを想い出して欲しい。
それがお母様の願いです。
もし書店で見かけたら、手に取ってみて下さい。

牧野なおき

※※※

すぐにでも読みたい!!という方はご連絡下さい。


※※※

僕はこの本の制作には一切関わっておりませんが、
日記には時折僕に向けられたメッセージがちょくちょくと出て来ます。
色々と不安を抱えながら生きる日々ですが、
それでも僕は生きているのだから、しっかりしなきゃあなぁと、改めて再認識してます。
| DEAR-CHARA | 更新情報 | 01:11 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
|/|
こんばんは。

今日はご命日ですね。

本、読了いたしました。

治療の過程のことを読むといろいろと思うものがあり、切なくもなりました。
読んでいて、4コマとかぶって見えるところもたくさんありました。
それでも「ありがとう」といつまでも思い出すものってあるというのは、生きていくわたしたちには、大切なことだと思います。
| ぷろぱ | 2009/04/15 10:33 PM |










http://blog.dear-chara.tv/trackback/810539
sun mon tue wed thr fri sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>